Nimubus 4 years and 5 months

「ぼくらが肉体のまねをせずにいられないのは、肉体を愛しているからじゃない、肉体を忘れたいからなんだ」 (変形の記憶 by 安部公房) “The reason why we keep imitating what a live body does is not because we love physical bodies – it’s because we want to forget them.” (Record of a transformation by Abe Kobo: Dead soldiers discussing why they try to do what live humans do even though there’s no need.) — …

Nimbus 2 years and 2 months

反芻は危険だ。自家中毒にも似て、内面のバランスを崩すきっかけになる。 (夜の底は柔らかな幻 by 恩田陸) “Ruminating on memory is dangerous. Similarly to nervous breakdown, it triggers destruction of mental balance.” * Nimbus survived a Boston winter and a train trip across the country.

Nimbus Day 179

「砲声や銃声がひびきわたることもしじゅうだたがテラスにいっぱいの客たちはカニかハトか議論かにふけるばかりで誰一人として顔をあげるものもなかった。」 (飽満の種子 by 開高健) “Bombs and gunfire frequently roared in that area but on that terrace filled with customers, everyone was preoccupied with crabs or pigeons or debates and nobody even looked up.” (Seeds of satiety by Kaikou Takashi)

Nimbus Day 168

「祖母は次第に冷たく、硬くなっていく。その横で、私は一晩中ドーナツを食べ続けた。」 (食堂かたつむり by 小川糸) “My grandmother gradually became colder and stiffer. And I kept on eating the donuts by her side throughout the night.” (Snail Cafeteria by Ogawa Ito)

Nimbus Day 147

「しかし、これじゃまるで、砂掻きするためにだけ生きているようなものじゃないか!」 「だって、夜逃げするわけにもいきませんしねえ……」 男はますますうろたえる。そんな生活の内側にまで、かかわり合いになるつもりはなかったのだ。 「出来るさ!……簡単じゃないか……しようと思えば、いくらだって出来るよ!」 「そうはいきませんよ……」女は、スコップをつかう動作に呼吸を合わせて、さりげなく、「部落がなんとか、やっていけるのも、私らがこうして、せっせと砂掻きに、せいをだしているおかげなんですからね。。。そりゃ、役場から、日当はもらってはいますけど……」 「そんな金があるくらいなら、なぜもっとちゃんとした防砂林をつくらないんだ?’ 「計算してみたら、やはりこのやり方のほうが、ずっと安上がりらしいんですね……」 (砂の女 by 安部公房) “But this is as if the sole purpose of your life is to plow sand off the house!” “But it’s not like I can do a moonlight flit……” The man became even more flustered. He didn’t mean to get so involved in such private matters. “Of …

Nimbus Day 137

「臆病な旅人は、知らない孤独よりも知っている孤独を選ぶ。だからこそ、チェーン店というものが世に栄えるのだ。」 (きのうの世界 by 恩田陸) “Timid travelers choose familiar loneliness over unfamiliar loneliness. That’s why chain stores manage to prosper in this world.” (Yesterday’s world by Onda Riku)

Nimbus Day 126

<<僕の記憶は80分しかもたない>> そう書いてあった。 「言うべきことなど何もない」 不意に博士が振り向き大きな声を出した。 「僕は今考えているんだ。考えているのを邪魔されるのは、首を絞められるより苦しいんだ。数字と愛を交わしているところにずかずか踏み込んでくるなんて、トイレを除くより失礼じゃないか、君」 (博士の愛した数式 by 小川洋子) <<My memory only lasts for 80 minutes>> That’s what it said. “I’ve got nothing to tell you” Suddenly, the Professor turned around and started speaking loudly. “I am thinking right now. It’s more painful to have my thoughts interrupted than being strangled. Breaking into a moment where I’m …

Nimbus Day 68 (5/6) — Bottom side

虫けらのように死んだ、というけれど・・・・・・。 と浩治は思った。 虫けらのようにとはどういうことなのか。 (草にすわる by 白石一文) People say he died like a little insect… Koji thought. What does “like a little insect” mean? (Sitting on grass by Shiraishi Kazufumi)

Nimbus Day 55 — Bottom side

なんかげつかごに イルカはてんごくへととびたちました 青色のイルカは 子どもと泳いだ夢を見ながら てんごくを泳いでいます (空が青いから白をえらんだのです 奈良少年刑務所詩集 edited by 寮 美千子: 青いイルカの物語より抜粋) several months later the dolphin flew away to heaven and the blue dolphin is swimming in heaven as it dreams about how it swam with the kid (White was chosen because the sky is blue/Poetry from Nara Juvenile Detention Center edited by Ryo Michiko: Excerpt from The Story of …