• Nimubus 4 years and 5 months

    「ぼくらが肉体のまねをせずにいられないのは、肉体を愛しているからじゃない、肉体を忘れたいからなんだ」 (変形の記憶 by 安部公房) “The reason why we keep imitating what a live body does is not because we love physical bodies – it’s because we want to forget them.” (Record of a transformation by Abe Kobo: Dead soldiers discussing why they try to do what live humans do even though there’s no need.) — …

  • Nimbus 4 years and 1 month

    Just waking up from a reading hiatus. Nimbus has grown tall and its trunk is looking more like a tree trunk. I should probably repot again.

  • Nimbus 2 years and 2 months

    反芻は危険だ。自家中毒にも似て、内面のバランスを崩すきっかけになる。 (夜の底は柔らかな幻 by 恩田陸) “Ruminating on memory is dangerous. Similarly to nervous breakdown, it triggers destruction of mental balance.” * Nimbus survived a Boston winter and a train trip across the country.

  • Cumulus Day 176

    「昔、中国に哲学者がいた。その哲学者が、ある日、弟子をつれて散歩にでた。河岸へくると、魚が泳いでいるのが見えた。それを見て、哲学者は、魚が楽しんでいるといった。弟子は、あなたは魚ではないのにどうして魚が楽しんでいるとわかるのですと、たずねた。すると哲学者は、おまえはおれではない。それならば、おれが魚の楽しみをわかってはいないと、どうしておまえにわかるのだといった。すると弟子は、私はあなたではないのだからもちろんあなたのことはわからない。あなたはもちろん魚ではないのだから、あなたに魚の楽しみはわからない。これはたしかだ、といった。この哲学者は誰だ。弟子は誰だ?」 よかった。それぐらいならわかる。 (貝塚をつくる by 開高健) “Once upon a time in China, there was a philosopher. This philosopher went out for a walk with his apprentice. When they reached a river bank, they saw some fish swimming. Seeing the fish, the philosopher said, the fish are enjoying themselves. The apprentice asked, how do you know the fish …